伝法。


c0123132_0141668.jpg



気風の良い、姉御的な女子を、江戸時代は伝法と言った。
ちなみに、江戸時代は、お医者さんに特別な試験などなく、なろうと思えば誰でもお医者さんになれた。医学も確立されておらず、もっぱら漢方医が主だったそうな。
なので、お殿様に御仕えする、医者も町医者も今の医学レベルから見るとどんぐりの背比べくらいの差しかなかったそうな。

かといって、その時代の西洋医学といえば、日本に比べてとても進歩していたかといえばそうでもない。麻酔が導入され始めたのは19世紀からだし、それまでは麻酔なしの手術をしたりして、痛みのショックで亡くなったり、JINでおなじみのペニシリンもなかったから、術後の感染症にかかったりして、西洋医学が当時の日本と比べて、たくさんの人を救っていたかと言えばそうでもない。

特に公衆衛生なんて概念はヨーロッパにはほとんど存在しなかった。

おフランスなんか、ベルサイユ宮殿にすらトイレはなく、箱の様なものに用を足して窓から捨てていたし、ヨーロッパの街も似た様なもので、裏路地に排泄物を捨てたりしていた。

それに比べると日本はどうだったか。鎌倉時代までは日本も汚物を裏路地なんかに捨てていたらしいが、江戸時代になると、江戸の街の長屋でも、農村でもトイレ(便所)はきちんと設置されており、肥えをひととこに溜めといて、農家がそれをお金で買いに来ていた。

西洋は排泄物は見えないところに捨ててしまえ。という概念。
日本は、排泄物は、肥料にして、有効利用しようという概念。

お江戸は、インチキ医者もいて、今では考えられないような病気もたくさんはびこっていたが、街は綺麗だったし治安も良かった。寺子屋も普及していたお陰で農村でも識字率は世界水準をはるかに上回っていた。

でも、今の時代から、お江戸に暮らすのはやっぱり無理かなあ。
案外、江戸時代の人を、現代に連れて来たら意外とすぐに馴染んだりして。
アイフォンとか意外とすぐ使えるようになったりして。

銀魂、というジャンプに載ってる漫画をチラッと読んだ。この漫画の設定に江戸を取り入れる意味が良くわからない。面白いのか面白くないのかイマイチ良くわからない。後少し、というところで笑えない。

でも人気あるんだね。笑いのツボがどんどんヤングから離れている、稲中卓球部世代の私。
[PR]
by reikul | 2011-04-23 00:17 | edo

★★天使喫煙★★

2009年から色々と人生漂流記。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31